お城探訪-日本全国城巡り-

お城探訪は日本のお城をまとめたサイトになります。日本100名城の写真やスタンプ情報、その他日本各地の探訪した城郭を掲載しています。

北海道南部の史跡一覧

史跡一覧に戻る

北海道南部の史跡一覧

函館市北斗市松前町江差町

◆函館市
  • 四稜郭1
  • 四稜郭2
  • 四稜郭3
  • 四稜郭4
  • 四稜郭5
  • 四稜郭6
  • 四稜郭7
  • 四稜郭8
  • 四稜郭9
  • 四稜郭10
  • 四稜郭11
  • 四稜郭12
  • 四稜郭13
  • 四稜郭14
  • 四稜郭15
  • 四稜郭16
  • 四稜郭17
  • 四稜郭18
  • 四稜郭19
  • 四稜郭20上空からの写真

1869年(明治2年)に旧幕府軍が函館を一望でき、五稜郭の鎮守府だった東照宮を守るために数日で築いたとされる。
洋式築城法により築かれた堡塁は建設を大鳥圭介あるいはブリュネ大尉が指揮したといわれているが、同年に新政府軍の攻撃を受け、数時間で陥落した。
1934年(昭和9年)に国指定の史跡となった後、土塁修復などの整備工事が行われ、現在は記念碑が建てられている。

  • 権現台場跡(旧函館東照宮)1
  • 権現台場跡(旧函館東照宮)2
  • 権現台場跡(旧函館東照宮)3
  • 権現台場跡(旧函館東照宮)4
  • 権現台場跡(旧函館東照宮)5
  • 権現台場跡(旧函館東照宮)6
  • 権現台場跡(旧函館東照宮)7

1869年(明治2年)に旧幕府軍が四稜郭を急造。
四稜郭を五稜郭を結ぶ拠点として函館東照宮に砲台を設け、権現台場として利用されることになる。
同年の新政府軍の攻撃により東照宮の社殿が焼失。
現在は神山稲荷神社となり、大鳥居と土塁が現存している。

  • 土方歳三最期の地碑1
  • 土方歳三最期の地碑2
  • 土方歳三最期の地碑3
  • 土方歳三最期の地碑4

かつての「鬼の副長」として恐れられた新選組副長・土方歳三最期の地。
1869年(明治2年)、弁天台場で孤立する仲間を救援するため土方は出陣。
一本木関門を出たところで銃弾をあびて戦死したとされている。
終焉の地には諸説あるが、一本木関門跡に近い若松緑地公園に建つ石碑には常に花が供えられている。

  • 新撰組屯所跡地1
  • 新撰組屯所跡地2
  • 新撰組屯所跡地3

この周辺には称名寺があり、幕末には英国・仏国の領事館として。また箱館戦争時は土方歳三の箱館市中取締就任にともなって箱館警備の任に就いた「新撰組の屯所」となった。
称名寺は1880年(明治12年)の大火で焼失し、跡地に建設された函館元町ホテルの前に案内板が設置されている。

  • 碧血碑1
  • 碧血碑2
  • 碧血碑3
  • 碧血碑4

1875年(明治8年)箱館戦争での旧幕府軍の戦没者を供養するために、柳川熊吉は旧幕府軍の中心メンバーであった大鳥圭介や榎本武揚らの協賛を得て、函館山のふもとに建立された。
由来は「義に殉じて流した武人の血は3年たつと碧色になる」の中国故事による。
題字は大鳥圭介の書とも言われているが、詳細は不明。
毎年5月に慰霊祭が行われ、戦没者を供養している。

  • 柳川熊吉の義碑1
  • 柳川熊吉の義碑2
  • 柳川熊吉の義碑3

箱館戦争の終戦後、新政府軍は旧幕府軍戦死者の埋葬を許可しなかった。
しかし柳川熊吉はそれに反し、実行寺住職の日隆らの協力を得て、町中に放置されている遺体を回収する。
その後函館山の山麓に土地を購入し、実行寺に収めていた遺体を改葬した。
熊吉が88歳の米寿を迎えた1913年(大正2年)、有志らによって彼の功績をたたえる碑が、碧血碑のそばに建立された。

◆北斗市
  • 戸切地陣屋跡1
  • 戸切地陣屋跡2
  • 戸切地陣屋跡3
  • 戸切地陣屋跡4
  • 戸切地陣屋跡5
  • 戸切地陣屋跡6
  • 戸切地陣屋跡7
  • 戸切地陣屋跡8
  • 戸切地陣屋跡9
  • 戸切地陣屋跡10
  • 戸切地陣屋跡11
  • 戸切地陣屋跡12
  • 戸切地陣屋跡13
  • 戸切地陣屋跡14
  • 戸切地陣屋跡15
  • 戸切地陣屋跡16
  • 戸切地陣屋跡17
  • 戸切地陣屋跡18
  • 戸切地陣屋跡19
  • 戸切地陣屋跡20
  • 戸切地陣屋跡21
  • 戸切地陣屋跡22
  • 戸切地陣屋跡23
  • 戸切地陣屋跡24
  • 戸切地陣屋跡25

箱館港の開港に伴い守備を固めたい江戸幕府の命を受け、松前藩が1855年(安政2年)に建造した陣屋。
形は四稜の星型で、6つの砲座を備えている。
17棟からなり約120人が守備にあたったが、箱館戦争時旧幕府軍が進撃した際には松前軍自ら建物に火を放って退却した。
1965年(昭和40年)国の史跡に指定され、現在は桜の名所として知られている。

◆松前町
  • 松前神社1
  • 松前神社2

松前藩の先祖に当る武田信広公を祀っている。
明治14年に造られ、現在の社殿は大正12年総ヒノキ造りで再建されたもの。

  • 法源寺1
  • 法源寺2
  • 法源寺3
  • 法源寺4
  • 法源寺5

松前家(蠣崎家)初期の菩提寺であった。
本堂は戊辰戦争の際に焼失し、現在は山門と経堂残すのみである。
山門は江戸時代中期の建造とされ、古い時代の建築様式を知るうえでも貴重な建造物である。
境内には松前藩家老であり、画家として「夷酋列像」等の作品で知られる蠣崎波響の墓もある。

  • 法幢寺1
  • 法幢寺2
  • 法幢寺3
  • 法幢寺4
  • 法幢寺5
  • 法幢寺6
  • 法幢寺7
  • 法幢寺8
  • 法幢寺9
  • 法幢寺10
  • 法幢寺11

松前家の菩提寺。
境内には1834年(天保5年)に再建され、歴代藩主の位牌が安置されている御霊屋がある。
また裏手には松前藩主松前家墓所があり、松前藩の始祖である武田信広から19代にわたる歴代藩主とその妻子などの人たちが埋葬されている。

  • 龍雲院1
  • 龍雲院2
  • 龍雲院3
  • 龍雲院4

1625年(寛永2年)に創建された寺院。
松前の寺院の中では一番古い建築であり、本堂や鐘楼は戊辰戦争の戦火をまぬがれ、江戸時代のままの伽藍を残す貴重な建物となっている。

  • 光善寺(血脈桜)1
  • 光善寺(血脈桜)2
  • 光善寺(血脈桜)3
  • 光善寺(血脈桜)4
  • 光善寺(血脈桜)5
  • 光善寺(血脈桜)6
  • 光善寺(血脈桜)7
  • 光善寺(血脈桜)8

1575年(天正3年)に建てられ、境内には桜の名木として有名な血脈桜がある。
血脈桜は推定樹齢300年以上の古木であり、名前の由来は桜の精と「血脈」証文にまつわる伝説にちなんでいる。
伝説の詳細は写真にて。
また同じく境内には義経伝説の史跡として「義経山の石碑」がある。

◆江差町
  • 開陽丸 青少年センター1
  • 開陽丸 青少年センター2
  • 開陽丸 青少年センター3
  • 開陽丸 青少年センター4
  • 開陽丸 青少年センター5
  • 開陽丸 青少年センター6
  • 開陽丸 青少年センター7

1867年(慶応3年)オランダより導入された最新鋭の主力艦であったが、戊辰戦争当時旧幕府軍が奪取し、暴風のため江差で沈んだ悲運の軍艦。
開陽丸 青少年センターは当時の外観や艤装を原寸大で再現した博物館で、海底から引き揚げられた異物を中心に展示公開されている。

史跡一覧に戻る

 - 北海道, 史跡一覧

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
神奈川県の史跡一覧

←史跡一覧に戻る 神奈川県内の史跡一覧 小田原市 ◆小田原市 海蔵寺 嘉吉元年( …

no image
山形県の史跡一覧

←史跡一覧に戻る 山形県内の史跡一覧 米沢市 上杉家墓所 / 法音寺 / 林泉寺 …

no image
福島県の史跡一覧

←史跡一覧に戻る 福島県内の史跡一覧 会津若松市 直江兼続屋敷跡・山鹿素行生誕地 …

no image
五稜郭の写真一覧

五稜郭 写真一覧 ←五稜郭に戻る 箱館奉行所 五稜郭タワーより 刎ね出し 半月堡 …

no image
松前城

概要 / アクセス / 100名城スタンプ情報 / 付近の関連施設 写真を見る …

no image
静岡県の史跡一覧

←史跡一覧に戻る 静岡県内の史跡一覧 静岡市 臨済寺 / 宝台院 / 徳川家康・ …

no image
京都市内の史跡一覧

←史跡一覧に戻る 本能寺跡 石碑 石碑1 石碑2 「本能寺の変」の舞台となった本 …

no image
大阪市内 真田信繁(幸村)・大阪の陣関連 史跡

←史跡一覧に戻る 大阪市内に残る真田信繁(真田幸村)・大阪の陣関連 史跡 201 …

no image
群馬県の史跡一覧

←史跡一覧に戻る 群馬県内の史跡一覧 沼田市 ◆沼田市 正覚寺 山門 大蓮院殿( …

no image
大阪府内の史跡一覧

←史跡一覧に戻る 大阪府内の史跡一覧 大阪市 玉造稲荷神社 / 一心寺 / 増福 …