お城探訪-日本全国城巡り-

お城探訪は日本のお城をまとめたサイトになります。日本100名城の写真やスタンプ情報、その他日本各地の探訪した城郭を掲載しています。

洲本城

洲本城
概要アクセス付近の関連施設

洲本城

概要

概要
永正から大永年間(1504年~1528年)に安宅氏によって築かれたとされる。
安宅氏は三好元長の三男・冬康を養子として迎え入れ淡路の水軍を強固なものとしてくが、冬康は1564年(永禄7年)兄・長慶に飯盛山城で殺害される。
息子の信康が家督を継ぐと織田信長に与することとなるが、信康が病死し弟の清康の時代となると織田から離れ毛利に内応しようとする動きを見せたとして1581年(天正9年)羽柴秀吉、池田元助らの軍に攻められ降伏。清康は本領を安堵されるがまもなく病死し淡路の安宅氏は滅亡した。

1582年(天正10年)本能寺の変の後、秀吉は四国の長宗我部氏に対する備えとして仙石秀久を置いた。
1585年(天正13年)秀久が讃岐高松へ移ると洲本城は脇坂安治が治めることとなる。
1600年(慶長5年)関ヶ原の戦いで安治は西軍として出陣したが東軍に寝返り。本領は安堵され、1609年(慶長14年)に伊予大洲城へ移った。その後淡路は池田忠雄に与えられ、由良成山に由良城を構築した。
忠雄が備前に移動した後、淡路は阿波の蜂須賀家政の子・至鎮に加封され、治世は由良城の城番によって管理された。

1630年(寛永7年)政治の中心を由良から洲本へ移す要望が江戸幕府に許可され、翌8年~12年までに移転作業(由良引け)が行われた。
この期間に山上の城が改築され、麓には蜂須賀藩の城館が築造。城下町も建設された。

山の北斜面には山上から麓にかけて「登り石垣」と呼ばれる石垣が2箇所見られる。
別名:三熊城

住所 〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷
TEL
営業時間 入城 随時可能
休城日
利用料金 大人・小人 無料
関係サイトURL 洲本城 WEBガイド
アクセス

<公共交通機関>
関西・徳島方面より高速バス。「洲本高速バスセンター」より徒歩約40分

<車>
神戸淡路鳴門自動車道「洲本IC」より車で約20分
※山頂付近に無料駐車場あり

付近の関連施設
淡路文化資料館
  • 淡路文化資料館

所在地:兵庫県洲本市山手1丁目1-27
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日、祝日の翌日、年末年始
料金:大人400円、高校・大学生250円、小中学生100円
洲本城をはじめとして考古・歴史資料が展示されている。
洲本城の麓に位置し山上の城が廃城となった後、蜂須賀氏の時代にこの場所に平城として洲本城が建てられ現在でも周囲に水堀や石垣が見られる。

 - 兵庫県, 城郭一覧

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
栗野城

概要 / アクセス 写真を見る 概要 南北朝時代から争乱により城主が頻繁にかわっ …

no image
新田金山城の写真一覧

新田金山城の写真一覧 ←新田金山城に戻る 旧通路 西矢倉台西堀切 西矢倉台下西堀 …

no image
久々利城の写真一覧

久々利城の写真一覧 ←久々利城に戻る 枡形虎口 井戸 三の丸切岸 三の丸 枡形虎 …

no image
高城城の写真一覧

高城城の写真一覧 ←高城城に戻る 第五空堀跡 第四空堀跡 第三空堀跡 第二空堀跡 …

no image
米沢城の写真一覧

米沢城の写真一覧 ←米沢城に戻る 上杉謙信公祠堂跡 伊達政宗公生誕の地 上杉謙信 …

no image
水口城

概要 / アクセス / 付近の関連施設 写真を見る 概要 概要 水口城は関ヶ原の …

no image
勝連城

概要 / アクセス 写真を見る 概要 概要 12世紀頃に築城されたと考えられる。 …

no image
臼杵城の写真一覧

臼杵城の写真一覧 ←臼杵城に戻る 今橋口 着見櫓跡 櫓跡 着見櫓跡 上之門跡 本 …

no image
兵庫県の城郭一覧

姫路城 姫路市詳細はこちら 洲本城 洲本市詳細はこちら

no image
舞鶴城(大隅)の写真一覧

舞鶴城(大隅)の写真一覧 ←舞鶴城(大隅)に戻る 堀と石垣 朱門 ←舞鶴城(大隅 …